ゴッホ「オーヴェールの家々」

フィンセント・ファン・ゴッホ「オーヴェールの家々」

 

 

>>ゴッホ年表<<

 

 

■画家紹介■

1853年~1890年 後期印象派
フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)

1853年オランダ生まれのフィンセント・ファン・ゴッホ。当初は、暗い色彩の作品を多く描いていたが、パリで印象主義と出会ってから、技法を一新して色彩豊かな作品を描くようになった。特に黄色はゴッホの特徴とされ、様々な作品に多用されている。晩年は、精神病に冒されながらも、作品を描き続けた。生きている間に売れた作品はたった1枚だけだったが、後世の現代絵画発展に及ぼした影響は計り知れない。

画像提供「絵画や」 ⇒ゴッホ